back

REDSニュース|日本代表、苦戦も初戦を3ー2で勝利。槙野智章は先発出場|レッズプレス!!

top
日本代表、苦戦も初戦を3ー2で勝利。槙野智章は先発出場

AFCアジアカップ UAE 2019で5度目のアジア王者を狙うSAMURAI BLUE(日本代表)は1月9日(水)日本時間20時、初戦のトルクメニスタン代表戦に臨んだ。浦和レッズから招集されているDF槙野智章は、グループステージ突破に向けて重要な第1戦の先発メンバーに名を連ねた。ポジションはセンターバック。吉田麻也と組んだ。

「カギを握るのは先制点」と言われる中で、日本は26分に痛恨の失点。早々に追いつきたいところだが苦しい展開が続き、そのまま前半を終えて0ー1のスコアで折り返す。攻めあぐねる中で、試合が動いたのは56分。日本は、槙野と同じく先発出場の浦和レッズOB・原口元気が起点となり、最後はこの試合の出場が心配されていた大迫勇也が決め、同点に追いついた。さらに60分には、またも大迫が追加点を奪い、しっかりと逆転に成功。続く71分には、この大会期待の堂安律が決め、3−1とリードを広げた。

このまま試合を進めたい日本だったが、試合の主導権を握り続けることができない。トルクメニスタンにリズムを崩される中で、最終ラインを抜かれ、ピンチを招いてしまう。GK権田修一が相手を倒してPKの判定を受け、イエローカード。これを79分にきっちりと決められ、スコアは1点差に戻った。

FIFAランキングでは大きく離している日本(50位)とトルクメニスタン(127位)だが、最後まで押され気味の展開となった。それでも厳しい戦いを3ー2で制した日本が勝ち点3を奪った。


(c)REDS PRESS