back

試合レポート

top
J1第28節・清水戦=監督コメント

《大槻毅監督》

久しぶりに勝点3を取ることができた。先に1点取られたが顔を上げて、しっかり前に向かっていく姿勢を見せてくれた。そうした雰囲気を作ってくれたサポーターの後押し、まさに一緒に戦ってくれたことに感謝したい。次の試合に向けてしっかり準備したい。

(前半はうまく進まなかったが、1点取って後半はガラリと変わった。監督の指示は)試合前に準備していたのは清水が4−2−3−1の3のところでウチの3バックにくる。湘南戦も札幌戦もそうだった。そこをどうハンドリングするかがカギだった。しかしうまくいかなかった。興梠が孤立し、武藤と長澤の立ち位置を試合中に変えたかった。30分過ぎに武藤と長澤が自分たちで変えたり、1列降りたことでボールを握れるようになった。

外からも指示を出したが、ピッチの中の選手が機転をきかせたことで前半終わりに崩せるようになった。

その前に橋岡から武藤へのスルーパスもあったので、局面ではあったが最終的なところでパワーを使えず前に行けなかった。後ろで回すだけのつまらない展開になった。そこは清水の狙いでもあった。そこを前半終わりに外せたのと、後半意図的に「こうしたら外れるんじゃないの?」と話をして、選手が実際にやってくれて、ボールを握れるようになった。

ただ、清水も4−1−4−1に布陣を変えてサイドに2枚立たせて数が合わなくなり、60分くらいまで清水にボールを握られていた。その後、こちらが握れるようになり、少し押し戻せた。ピッチ内の思惑に選手が対応してくれた。

(うまくいきそうでうまくいかない中、監督も苦しかったと思いますが)もちろんこのあとも続けなければならない。勝点がないことで焦れる思いはあった。今日勝点3を取れたことはうれしいが、選手とともに感情を爆発させたわけではなく、次に向かって頑張りたいという気持ちが強い。選手にはブレずにやっていこうと話をする中、表現できる部分を増やせるようにトライしたい。



・・・・・・


ログイン・会員登録はコチラから
すべての記事をご覧いただくには、会員登録が必要です。
※既に会員登録済みの場合、ログインを行うことで閲覧可能となります。


(c)REDS PRESS