back

試合レポート

top
J1第7節・G大阪戦=見どころ

互いの状況を鑑みると、後半勝負か


いまひとつ、いや、いまふたつ攻撃の歯車がかみ合わない浦和。あすのガンバ大阪戦で敗れれば、オズワルド・オリヴェイラ監督就任初の公式戦3連敗。それだけは避けたい。

おととい11日の練習を見る限り、布陣は攻守に安定した3−5−2が濃厚。右サイドに橋岡大樹、左に山中亮輔が起用されそうだ。

ここまで浦和は4得点・7失点とバランスの悪さが目立つが、これはガンバも同じ。ここまで12得点・15失点。得失点差でも同じく「−3」だが、ガンバのほうが大味な印象を受ける。つまり点は取れるが、その分、失点が多いことが分かる。・・・・・・


ログイン・会員登録はコチラから
すべての記事をご覧いただくには、会員登録が必要です。
※既に会員登録済みの場合、ログインを行うことで閲覧可能となります。


(c)REDS PRESS