back

こぼれ話

top
阿部さん、いいですよ…

「こぼれ話」は、選手やスタッフのエピソードを紹介するコーナーです

練習後、若手が運ぶ役割になっているクーラーボックスを最年長の阿部勇樹が手で引いて歩いていた。

これを見て、慌てていたのは近くにいたユース昇格1年目の池高暢希だ。「いいですよ、いいですよ…」。ただ、阿部は聞かず、「いいよ、いいよ」と作業を続けて笑っている。いたずら好きの性だろうか。・・・・・・


ログイン・会員登録はコチラから
すべての記事をご覧いただくには、会員登録が必要です。
※既に会員登録済みの場合、ログインを行うことで閲覧可能となります。



(c)REDS PRESS